日本の食料自給率向上への寄与と真のグローバル企業へのステップアップ

  私たちニッポンハムグループは、二つのことを進めています。
 一つは、当社グループが世界に誇る「バーティカル・インテグレーション・システム」※の基盤である生産・飼育の強化です。食肉、ハム・ソーセージを始めとする良質なたんぱく質を安定的に市場に供給し、日本の食料自給率の向上に寄与します。
 もう一つは、真のグローバル企業にステップアップすること。当社グループは、現在海外18の国と地域で、96箇所に及ぶ拠点で事業を展開しています。今後は海外での販売や三国間貿易に注力しつつ、各地域のNo.1企業と連携、「共創」しながら、あらゆる国・地域に「食べる喜び」を届けていきます。
※国産牛肉・豚肉・鶏肉、輸入牛肉の生産飼育から処理・加工、物流、販売までのすべてを自社グループで一貫して行っており、ニッポンハムグループでは「バーティカル・インテグレーション・システム」と呼んでいます。

様々なたんぱく源を扱う総合食品メーカーとしての役割

 ニッポンハムグループは、安全・安心で高い品質の食品の提供を通じて、お客様の楽しく健やかなくらしに貢献していくことを経営の使命として、生産飼育から加工、販売まで、また食肉だけでなく水産、乳製品など様々な事業を展開しています。
 「食べる喜び」とは、おいしさの感動や健康の喜びを表し、食シーンの提案や食文化の創造、スポーツを通した健康づくりの応援などにも積極的に取り組んでいきます。
 当社グループの事業は、生命(いのち)を育み、その恵みを大切にして食品にすることで、将来にわたって食料の安定供給を図る社会的に重要な事業であると考えています。
多岐に渡る事業で、従業員が喜びを感じ、やり甲斐をもって仕事を行うことは、お客様にも喜ばれる商品・サービスの提供に繋がるものと考えます。

 

 

 

牛・豚・鶏の生産飼育から処理・加工、物流、販売まで。すべてを自社グループ で。

 かつての食肉業界では生産、飼育、処理・加工、物流、販売の事業がそれぞれ別に行なわれていました。そのため、お客様のもとにお肉をお届けするまでに非常に時間がかかっていたのです。
 新鮮なお肉をお客様にお届けするために、ニッポンハムグループは生産飼育から販売まで自社で一貫して行うバーティカル・インテグレーション・システムを構築しました。
 国内食肉業界で先駆けて構築したしくみで、牛・豚・鶏の3畜種までの展開は珍しいとされています。
 1日でも早くお客様のもとにお届けしたい、飼育環境や衛生管理など品質についてお客様の疑問にきちんとお答えしたい、この気持ちが食肉を提供する企業としての使命であり、信念です。

 

 

 当社グループはハム・ソーセージの製造・販売を原点に、70年以上にわたり事業を拡大してきました。
社風として、確かな品質を基に、時代の変化を先取りし、新しい価値を創出してきたチャレンジスピリットが根付いています。
 チャレンジとは、自分自身の知識・経験を結集し、上司・先輩・同僚とともに力を合わせて知恵を出し合い、果敢に行動し、今までなかったモノやコトをゼロベースから生み出すことです。
 そんなチャレンジ精神で可能性を切り拓く、それが当社グループの理想とする社員像です。

 

日本ハム株式会社(ニッポンハムグループ)

(本社)〒530-0001
    大阪府大阪市北区梅田2丁目4番9号

    ブリーゼタワー

●売上高:単体:7,914億26百万円
        連結: 1兆2,407億28百万円(2016年3月期)

●社員数:1755名

●採用予定数:40名程度