業界をリードする総合水産メーカーを目指しています!

刺身マグロ、エビ、サケ、すし種など、多彩な水産物・水産加工品を扱い、安全で安心できる商品を世界の海から日本の食卓に提供する総合水産商社として発展してきた当社。世界の水産資源への需要増加を背景に、主要産地、生産者、漁業者と連携し、より安定した供給源を構築しています。
資源の減少が懸念される本マグロについて天然資源に頼らない持続可能な取組として、近畿大学及び長崎県の水産試験場と連携し、人工ふ化させた稚魚を育てて出荷する養殖事業を国内2拠点で展開。卵から出荷までトレーサビリティの確立と天然エサにこだわった安全・安心のマグロを「TUNA PRINCESS」ブランドと名付け、全国に出荷しています。
東洋冷蔵は安全・安心をコンセプトにした商品開発、様々な業態に対する提案力で、水産業界をリードする総合水産メーカーを目指しています。水産物の提供を通じて、食文化である「魚食」の向上、発展を目指しています。

 

世界の海から日本の食卓へ。あらゆる水産物を安定供給しています。

スーパーや外食チェーンで一年中あらゆる水産物が販売されていますが、これを可能とするため日本のマーケットに通年安定した価格帯・品質で安定的に供給しているのが東洋冷蔵です。水産物は資源であり、漁場や種類、サイズ、漁期、漁獲量により状況が常に異なります。世界中の生産者・漁業者と連携した仕入、ネットワークをいかした情報収集で、あらゆる水産物において価格帯・品質の安定供給に貢献しています。また水産食材のプロとして水産食材の種類だけでなく身質・色・脂など取引先のニーズに合うものを提案・提供しています。物流面ではマグロを保管する超低温冷蔵庫を保有し日本全国に超低温ネットワークを構築しています。1971年設立時は現在のようにマグロが日常の食卓に並ぶ状況ではありませんでしたが今では当たり前の光景となっています。
業界のリーディングカンパニーとして品質・衛生管理や資源の再利用にも力を入れています。

 

生食用水産物取り扱いトップクラスの当社は、人材育成に力をいれています。

私たち東洋冷蔵は三菱商事グループの水産専門商社です。刺身マグロ、エビ、サーモンの取り扱いはトップクラスで、その他多彩な水産物を取り扱い、国内の市場・量販店・外食・コンビニ等へ販売を行っています。取扱規模は営業担当一人当たり売上高約10億円にのぼります。自社工場や国内外協力工場および自社物流機能を兼ね備えており、お客様のニーズに合った商品を提供できる事も強みです。限りある水産資源を安定供給するため、国内外主要産地や養殖業者と強固な連携を図り、調達力を強化しています。

「自ら考え自ら動ける」人材を育てる事をテーマとして研修を実施しています。国内外生産現場研修や役員による講義等により「モノを見る」「自社を理解する」力をつけます。

英会話や簿記等の資格取得支援制度や、新人社員1人に先輩社員1人が専属で指導を行うインストラクター制度等により、若手から活躍できる様人材育成にも力を入れています。

仕入から販売まで仕事内容が広範囲に及ぶ為、積極的に学ぶ姿勢が大切です。新人研修においては「モノを見る力」や「自社の理解」を深める為に、国内外の現場見学や現場業務の経験などを通して学びます。個々の意見を大切にし、若手から自ら計画する場面もあります。先輩社員はじめ社内外共に他方面と協力しながら、やり抜く力が必要です。相場品である水産物の安定供給を行う為に、常に情勢やトレンドを意識し、販売・仕入元へ最新の情報を発信し、お客様のニーズに合った安全な商品を提供します。

東洋冷蔵株式会社

(本社)〒135-0034
    東京都江東区永代2-37-28 

    澁澤シティプレイス永代2階

●売上高:1,684億円(2015年度)

●社員数:822名

●採用予定数:15名程度