1兆円企業を目指し、従業員一人ひとりの変革意識によりコノミヤの「革新」を!

合併5年目の昨年8月に東海エリアでの待望の新店「砂田橋店」をオープンすることが出来ました。大阪エリア、岐阜の㈱トミダヤを含めグループ店舗数で87店舗、年商1,000億円超企業の仲間入りをしました。今後は事業としての社会的な役割、責務を果たしていくため、中長期目標でもあります14年後の売上1兆円企業を目指し、大阪エリアでは『磐石』な体制作り、東海エリアでの積極的な出店戦略により更なる成長、事業の拡大を図り、事業計画の早期実現を確かなものにしたいと考えています。

 

 

 

 

コノミヤに関わる全ての人々の満足や幸福を追求していきます。

コノミヤが大切にしてきたものは、売上よりも当社に関わる全ての人々が満足や幸福を追求することです。例えば、24Hテレビへの参画による募金活動、高性能救急車や救急艇の寄贈などの地域貢献活動、また、各地の自治体と地域防災協定を結び、災害時の食料や日用雑貨などの提供や駐車場を避難場所として活用いただくことにも協力、さらには地域の子供たちに参加していただく「1日店長」や「パン教室」などのイベントを開催し、地域の生活者とのふれあいを大切にしています。

 

 

 

 

 

なぜ? コノミヤは強いのか? それは『社員の思いが違う』からです。

 「売上を上げるなんて考えるな! どうすればお客差が喜ぶか?」を考えることが重要です。 コノミヤではこのことを徹底し実践しています。 毎週の店長会議、チーフ会議での勉強会、新入社員の6ヶ月研修、年1回の海外研修、週に一度の店舗クリニック、月間優秀社員の表彰、チェッカーコンテスト、会社専用携帯による一斉メールでのリアルタイムの情報共有、多面評価、能力主義人事の導入など従業員教育の充実、自動発注、マテハン、マニュアル教育など効率経営への取り組みが企業としての強みに繋がっていると思います。

 

 

 

コノミヤは、報(告)・連(絡)・相(談)ホウレンソウノートがあります。このノートは従業員が1冊ずつ持っていて、日々思いついた事や提案、お客様からのご意見ご要望などを記入し直接社長に提出、それを社長が読み返事を頂けるというシステムです。全従業員が社長と直接意見交換することができ、この中から出てきた提案を素早く実践していくことも多くあります。このようにやる気さえあればどんどんチャレンジできる組織風土が企業の成長に繋がっていると思います。

株式会社コノミヤ東海事業本部

(本社)〒458-0021
    名古屋市緑区滝ノ水三丁目目301番地

●売上高:1,100億円(グループ年商)

●社員数:東海事業本部 340名

●採用予定数:50名