「提案型スーパーマーケット」としてNO1、500店舗1兆円企業を目指して

 

 ヤオコーは関東1都6県に152店舗をチェーン展開し売上規模は3,254億円となっております。おかげさまで27期連続で増収増益を続けている企業です。そんな弊社は「日本一元気なスーパーマーケット企業」と言われております。日本一と言われる理由は2つ①志の高い企業哲学をしっかり持っている(スーパーマーケットの仕事を通して世の中のお役に立つこと)②商いのコンセプトが明確である(ライフスタイルアソートメント型スーパーマーケット)この2点になります。

 現在はより進化して、食事という生活シーンづくりのための問題解決の手助けや提案ができるスーパーマーケットとしてモデル店の出店を続けています。(最新モデル店舗2015年4月ららぽーと富士見店)

 今後もお客様の食生活を豊かにする提案型スーパーマーケットとして1兆円の売上を目指し出店をしていきます。明確なビジョンのあるヤオコーで皆さんも一緒に成長していきませんか?

 

地域の食文化に影響を与える、スーパーマーケットの役割について

 

 「流通革命論」との出会い。革命=主権が変わる、メーカー主導から小売業主導へ(サプライチェーンをコントロールしていくのは小売業でなければならない)これは、弊社会長が流通業界に入るきっかけとなった論文の一部です。物が無かった時代は終わり、生活を楽しみたいと皆さん感じています。ですから私たちの仕事は商品を作り、並べるのが仕事ではなく、地域の食生活の役に立っている、食事という価値を創出している仕事になります。日本人の多くが、食事を楽しみたい・美味しいものを毎日食べたいと感じていますから、私達のお店がお客様のご自宅の側に出店することで、地域の食事の文化や食事のレベルに少しでもお役に立つように努力を続けています。

 食品スーパーマーケットは新しい食生活を提案する創造性のある仕事です。皆さんの体験や経験がお客様の食生活を大きく変えることが出来ます。

 

自分たちの想いが商品・売場で実現!「個店経営」と「全員参加の商売」について

 

 入社をしたら「開発・企画」をおこない、クリエイティブな仕事をしてみたい。そんな考えをお持ちの学生さんは弊社で実現させてみませんか?。弊社の特徴が皆さんの想いをかなえます。まずは開発・企画の花形バイヤー、自分の想いを形にしていく「商品開発・商品企画」で、メーカーさんと協力しながら商品を作り上げるスペシャリストです。また弊社では、店舗に売り場作りの権限を大幅に委譲して、主体性をもって商売をしています。店舗に主体性があるからこそ、店舗でも「売り方開発・売り方企画」を実施しています。地域で暮らすお客様のニーズが少しずつ違うからこそ、そのニーズを良く理解しているバイヤーや店舗に商品作りや売場作りの権限を大幅に委譲して、主体性を持って「開発・企画」をおこなっているわけです。

 地域のお客様の特性に合わせておこなっている、「個店経営」と「全員参加の商売」があるからこそ、皆さんが活躍するステージが広がります。

 

 

 ヤオコーは、提案型スーパーマーケットとして日本一を目指しています。スーパーの仕事は商品を作って出すだけだと思っていませんか?それは、大きな間違いです。私たちの仕事は地域の食生活に大きな役割を持っていて、実は創造性豊かな仕事をしています。それを実現するために弊社では個店経営とチームで全員参加の商売をしています。

株式会社ヤオコー

(本社)〒350-1123
    埼玉県川越市脇田本町1-5

●売上高:3254億4100万円(単体売上)

●社員数:2714名(正社員)

●採用予定数:大卒150名