「スーパーマーケット(SM)事業会社」から「総合食品事業会社」へ成長したい

 私たちが培ってきた「高質食品専門館」というビジネスモデルをさらに進化させていきたいと考えています。社会環境の変化に伴い、SMに求められる役割も大きく変わりつつあります。特に、「食材を買う」「食する」「集う・学ぶ」が重要なキーワードになると考えています。これらにきっちり対応した店作り、売場作りを進める一方、「食事」を軸にした品ぞろえの充実も進め、今後はレストラン機能も融合させた新しいビジネスモデルを構築していきたいと考えています。一方で、SM事業から食品事業への転換にも取り組みます。グループ内のモノ作り機能を特化させSPA(製造小売業)を目指します。また、国内のSM企業数社と共同での商品調達や商品開発、海外SM企業との人材交流を含めた業務提携、そして国内外のトップメーカー約80社とのマーケティング研究会など、次の10年に向けて、顧客に新しい価値感を提供すべく基盤を着実に整えつつあります。

 

 

「みんなで創る あなたの市場」

「みんなで創る あなたの市場」とは私達が掲げるブランドスローガンです。

みんなとはお客様、生産者様、従業員、あなたとはお客様を指します。

 

●ブランドステートメント

「この場所に、あなたの市場を、みんなの力で創りたい」

そのために社員、スタッフ全員が、「食のプロフェッショナル」をめざし、お客様の声にお応えしてまいります。

生産者様の知恵と技術を活かした「安心安全な高品質食品」を提供し、お客様とともに新しいライフスタイル商品も開発します。

お店は、お客様、生産者様、従業員が一体となり、「ライブ感あふれる市場」をつくります。食にまつわる有益な情報を発信し、「生活提案の発信地」となります。

海と大地と地域と食卓がひとつでつながる市場をめざして。

 

このブランドステートメントを体現できるように、私たちは一枚岩になって取り組み、お客様、生産者様そして従業員にとってなくてはならない企業をめざします。

 

 

「高質食品専門館」のビジネスモデル

まず、私達の強みの1つは「店舗開発」です。新規出店や改装に際して、「ローコスト・ハイイメージ」をコンセプトに、短期間で一定のコストの中で合理的に進めていくCM(コンストラクショナル・マネジメント)のノウハウを確立しています。次に「品揃えや商品調達の独自性」が挙げられます。生鮮品では全国各地の農場・牧場そして漁場と直結して、ともに商品開発を行うだけでなく各店・部門でお客様の要望に応じた商品作りも行っています。

昨今では、海外からの商品調達も積極的に実施しています。そして、最後は当社が最も力を入れている「人材育成」です。当社では研修センターを独自に構え、店さながらの実践的な設備を整えた施設も完備し、年間約1,500人の社員・スタッフが商品を創る力、売り切る力を醸成しております。また、次世代リーダー育成を目指して新入社員研修・部門候補者研修・店長候補者研修など計画的な人材育成も実施しております。

 

 私たちがまず大事にしていることは、社員全員が「食のプロフェッショナル」をめざし、お客様の声に耳を傾け、ご期待に応える事です。お客様からのお褒めはその評価と考えております。また、新しいライフスタイル商品の開発や食にまつわる有益な情報発信を積極的に実施することで「生活提案の発信地」となりたいと考えており、そのためには失敗を恐れないチャレンジと情報感度の高さが必要です。そして、それを店として表現していくためにチームで協働する、育てあう風土作りを推進したいと考えております。

株式会社阪急オアシス

(本社)〒560-0023
    大阪府豊中市岡上の町2-2-3

●売上高:1,102億62百万円(2015年度実績)

●社員数:1,016名(2016年11月現在)

●採用予定数:150名