◆◆◆食品業界企業から内定が出た先輩たちからメッセージ◆◆◆


◆TさんはR-Projectの食品産業理解イベントに参加してくれました。

他の合同説明会でも使える合説の活用方法を参考にしてみてください!

 

 

Q:R-Projectのイベントに参加しようと思った理由を教えてください。

A:もともと食品業界に興味があったわけではないのですが、就活が始まる前に色んな業界を見てみようと思っていました。そんな中R-Projectのイベントがあるのを知って食品業界も見てみようと思いました。私の性格上、自分の目で確かめないと納得できない性格なので、知らない業界も実際に見て確かめようと思い参加しました。また、1日で同じ業界内のメーカー・卸・小売・インフラを一気に見れるのは良かったです。

 

Q:当日はどの業界を見ましたか?

A:卸、インフラ、小売を見ました。当時、インフラは訪問しましたが、仕事内容がよくわからず、あまり興味を持っていませんでした。BtoCの仕事に興味があったので小売を中心に見ていました。

 

Q:その時インフラについてはどう思っていたのですか?

A:機械とかは苦手だったので、苦手なものを売り込むのは合っていないかもと当初は思っていました。その時は営業職しか見ていなかったので余計にそう思っていたのですが、周りの意見などを聞きながら仕事を進める事務職なら私に合っているかもと思いました。

 

Q:これから合同説明会に参加する後輩たちへ、合説の参加方法のアドバイスを教えてください。

A:実際に話を聞いてみて、面白かったかどうかなどワクワク感をいろんな企業の話を聞いて体感してみてください。同じ業界でも社員の方の雰囲気を感じた方がいいと思います。

また、友達と一緒に参加して企業の情報をシェアするのもとても効率的でした。計画的に友達と違う企業の話を聞いて終わったあとにシェアしました。

 

Q:イベント参加前にやっておいたほうがいいと思ったことはありますか?

A:企業の説明を聞く前にその会社の役割、立ち位置など事前情報を調べておいたほうがいいと思います。説明を聞いた後に気づいたギャップや発見などを整理することができます。

 

POINT!!興味のない業界、企業についても実際に自分の目で確かめるべし!

     そこから新しい発見がある!

もともとは違う業界を志望していたけど、食品業界に就職を決めたTさん。

なぜ、考えが変わったのか聞いてみました。

 

 

 Q:もともとどういう業界を見ていたんですか?

A:体育大学だったこともあり、健康、体に関わる仕事がしたいと思っていました。他の業界も見てみましたが、やはり健康・身体に携わる仕事がしたいと思い、医療設備系の業界に絞っていました。

 

QI社を受けようと思った理由を教えてください。

A6月の時点で他の企業から内定をもらっていて、そこに決めようと思っていました。しかし、そこでの仕事は、一人で地方に行って、一人で営業をしてその結果でボーナスが決まるという仕事内容だったので一人でやっていけるかすごく不安でした。これで良いのかなと思い入社の決断をしかねていました。

そんな時、I社の8月の第2クール採用についてR-Projectのメルマガで知って、ピンと来ました。

 

Q:どういったところにピンと来たのですか?

A:それまで営業職でずっと就活をしていましたが、友達やキャリアセンターから事務職が向いていると言われていたこともあり、自分に合っているのは事務職かもしれないと思うようになりました。I社も事務職を募集していたので、これは受けようと決意しました。世界でも日本でもシェアの大きい企業の中で働く人たちを事務職として支えたいと思いました。

 

Q:他の内定を辞退して、I社に入社を決めた決め手はなんですか?

A:働き方が自分に合っていると感じたからです。営業の仕事を裏で支えたいというのが一番の決め手です。またI社は、最近医療系にも参入しているので、もともと自分が見ていたところと近いですし、将来性もあると感じました。

 

Q:インフラI社からはどういうところを評価してもらえたと思いますか?

AI社は、リーダー気質をで人を巻き込んでいける人求めていたいたようなので、自分とマッチしたのだと思います。高校・大学では部活と勉強の両立がなかなかできなかった時に、部員を巻き込んで勉強時間を設けたりなどして、両立できる結果も出していました。

 

POINT!!自分が納得いくまで就活を続けよう!迷ったら改めて自分を見つめなおそう!

     後半戦でもまだ自分にマッチする企業がある!

 

 

 

 

 

これから就活を進めていく後輩たちにTさんの就活内容、対策を教えてもらいました!

 

Q:面接前にはどういうことを準備していましたか?

A:自分で想定質問を考えて準備していました。例えば、5年後10年後のイメージや、自己PR・志望動機はもちろん、苦手な人がいたらどうやって接しているかなど、考えていました。

 

QI社の志望動機はどういったことを答えていましたか?

A:リラクゼーションのアルバイトをしていたので、その経験から仕事をしている人を裏で支えることにやりがいを感じていたので、シェアの大きい会社でそのようなやりがいを感じたいということを伝えました

 

Q:就活で使っていたアイテムを見せてください。

A:3年生の夏休みから4年生の5月くらいまで、新聞スクラップをしていました。志望動機を書くときに使えるのと、業界の動きがつかめるので役立ちました。

また、就活ノートも作り、面接内容の予習復習に使っていました。企業説明を聞いたときには、内容を書くのと合わせて、その時思ったこと、感じたこともすぐに書くようにしていました。

 

POINT!!面接の事前準備はしっかりする!

     業界の動きをつかんで、業界理解、面接対策をしよう!

最後に後輩たちへメッセージをお願いします!

Iさんの就活ノート(OBOG訪問の準備などがびっしり)

 

A:まずは色んな企業や人に出会うことが大事!HPでは伝わらないものは実際に見ないとわかりません。人事の人は会社の代表だと思って、この人と一緒に仕事ができるかどうかで判断するのも一つです。

私もR-Projectのイベントに参加したりメールを見ていなかったら出会わなかった企業に就職を決めたので、自分で足を運んで本当に良かったと思っています。

「支える」という志望理由で他の業界を見ていましたが、食品インフラでも実現できることに気がつけたので、みなさんも視野を広くして就活を進めていってください!応援しています!

 

 

 

 

R-Projectに参加した先輩の就活体験談はコチラから。