◆◆◆トレードショー仕事見学会に参加して

志望企業が固まった!!◆◆◆

食品小売 内定 Mさん

 

<R-Project参加企画>

 

◆STEP3:食品産業理解イベント

◆特別企画:トレードショー仕事見学会(小売編)


◆Mさんは、最初は食品卸志望でしたが、R-Projectを通して自分がどう食品に関わって働きたいかを考えていくなかで小売にたどり着いたそうです。

またR-Projectのイベントもうまく活用して選考も楽しんで乗り切っていました。

MさんがR-Projectをどう活用して、また卸から小売に志望が変化した理由も含めて聞いてみました。

食品業界で働くといっても色んな働き方があるので、ぜひ参考にしてみてください!

 

◆Mさんは「トレードショー仕事見学会」からR-Projectを活用してくれました。

参加して得られたことを聞いてみたいと思います。

Q:トレードショー仕事見学会に参加しようと思ったのはなぜですか?

 

学生で絶対行けない場所だし、しかも人事がついて説明を聞きながら周れる経験できる機会はまず無いと思ってすぐに応募しました。

何事も現実を見るのが好きなので、トレードショーに入ってリアルなビジネスの最前線が知れるということに魅力を感じました。

今、何を押しているのか、生産者も来ているのでいろんな人の顔、トレンドが観れると思いました。またまだ世に出ていないこれから流行るものを学生の立場で見て知れるのもここしか無い!と思いました。

今までは自分が消費者視点で見たことだけでしか語れなかったことが、業界の内情を知ったうえで語ることができるようになるのでその後の選考でもすごく活用できました。

 

Q:参加してみてどうでしたか?

A:食品業界で働きたいと志望が固まっている人は、業界理解を深めるために絶対行った方がいいと思います!

仕事現場の内情を知れますし、実際に働く人の顔が観れるというのは就活の中でもなかなか無いですし、しかも働く現場で直接話を聞けるのは他に無いんじゃないかと思います。

仕事見学会では学生として入っていますが、一歩会場の中に入るとビジネスマンの一人として周りから見られるので一ビジネスマンとしての体感をすることもできました。

バイヤー気分になれましたし、周りからは物色している若手の社員に見られていたんだと思います。(笑)

働くイメージはなかなか持ちにくいですが、まずは実際に体感してみることがすごく大事だと思いました。理解しながら就業体験を出来たので、就活する中で一番面白いイベントだったと思います。

 

Q:参加する時にはどういう目線を持って参加するのが良いと思いましたか?

企業・業界の話を全部受け入れるのではなく、疑問をもっとぶつければよかったと思います。

せっかく1日で同業種の企業から話を聞ける機会だったので、深い質問をして各社の特徴を聞き出して比較できるようにするのが良いと思います。

例えば、社員の人が「ここを大事にしています」と言っていたとしても、感心するだけではなく「なぜそう思うのか」という根拠や、会社の方針やビジョンを踏まえて、具体的に何をやっているのかなど、上辺だけではない答えを聞き出すことができたらもっと企業理解が深まったんじゃないかと思います。

 

Q:トレードショーで得た経験をその後どうやって活用しましたか?

ここで得た情報はそのまま面接でも活用しました!

この場で見聞きしたこと、自分が思ったこと、入社してから貢献できると思ったポイントをしっかり伝えられたので、現場を見ていない人よりは絶対想いがリアルに伝わったと思います。

 

 

 

 

POINT!!

食品業界を受けるなら、食品業界で働くリアルを見ておくべき!

トレードショー仕事見学会は、学生が絶対知ることが出来ないリアルな仕事、社員、現場を見れる!

 

◆Mさんは食品産業理解イベントにも参加してくれました。

 Q:食品産業理解イベントに参加した感想を教えてください。

あれだけ食品業界を志望する学生だけが集まることはなかなか無いなと思いました。

他でも大きなイベントはよくやっていますが、R-Projectのイベントは人事との距離が近くてすごく良かったです。会社のことをちゃんと理解するには距離の近さは本当に大事だと思います。大きすぎるイベントだと参加人数も多いからどうしても人事と話せるチャンスは限られてしまうので。

 

 

  

Q:イベントに参加するにあたって事前に準備しといた方がいいことはありましたか?

業界が絞られているイベントだからこそ、事前に調べられる業界のことは最低限理解しとくべきだと思います。

たとえば、「川上〜川下」とか業界の大前提にあるちょっとした業界用語や、PBNBとかを知ってるか知らないかで、理解できるポイントが大きく変わってきます。人事の方が話をしたときに、その用語を初めて聞くのか、すでになんとなくでも意味をわかっているかで理解に差が出てきます。知ってるか知らないかで、納得できるポイントが違ってきます。何も知らないと漠然とした「すごい会社」と思うだけで終わってしまうので、事前にしっかり調べておくことをお勧めします。

 

Q:これから参加する就活生にアドバイスはありますか?

個人的にはメーカー、卸、小売、インフラの全業種を見た方がいいと思います。

自分が志望するところとは違う業種を見ることで、自分の思い込みをなくしてほしいと思います。

 

最初から業界を絞ろうとする人は多いんですが、思い込みで絞るのはなかなか大変だし、絞れないと思うので、色々見て自分がやりたいことが見えてきてから絞った方が良いと思いますよ。

私は小売志望でしたが、他業種も見ることでより食品産業全体が理解できたと思います。

 

 

POINT!!

イベント参加前の事前準備が業界・企業理解する肝!!

業界の基礎知識を事前に抑えて、当日は深い企業理解を手に入れよう!

◆ここまでで2つの企画に参加してくれましたが、食品小売に決めた理由を聞いてみました。

 Q:早速ですが、小売S社に決めた理由を教えて下さい。

 

始めはS社のインターンに行った時に業界全体の話を聞けたことから食品業界に興味を持つようになりました。その後、トレードショー仕事見学会でS社に密着して、社員の方たちにとても魅力を感じたのが大きかったです。人事の方が仕事についてすごく楽しそうに笑いながら話していましたし、人事以外の社員の方も楽しそうに食や商品のうんちくを語っていたのが印象的でした。私もうんちくは聞くのも話すのも好きなので、そういう環境がこの会社では普通だということがわかって、常にモチベーションを高く仕事ができそうだなと感じることが出来ました。他にもS社決めた理由はありますが、トレードショー仕事見学会がS社を志望する決め手となりました。

  

Q:でも食品業界の中でもなぜ小売を志望していたんですか?

メーカー、卸、小売、インフラの中でも実はずっと卸を志望していました。

モノを買って売るという役割を大きい規模でやりたかったからです。なので商社も気になってはいたんですが、商社よりも自分はもっと売る側に立ちたいとも思っていました。でも、ふと卸は誰を相手にしていて、相手のことをどれだけ理解しているのか、相手の顔をどれだけ見てるのかと考えた時、相手の企業しか見ていないのではないか、お客さんの顔をしっかり把握できていないのではないかと疑問を持ちました。実際に卸の会社説明を聞きましたが、卸は確かにやれることは多いけど、自分が得たいと思っていることは卸では少ないなと感じるようになりました。

大きいこともしたいけど、お客さんのことも知りたい、と思った時それをやっているのがまさにS社だったんです。

 

Q:では、その小売とかS社で得られると思ったことって具体的に何だったんですか?

得られるものとしては・・自分は基本的には消費者の立場だけど、ものを売るという立場に立って、どうやってお客様に売るのか、またお客様は何を求めているのか、どういう人がいるのかということを知ることで視野が広がると思いました。また、入社後すぐにアルバイトやパートなど自分の下に人が付くので、マネジメントを新卒でいきなりやれるところも小売の魅力だと思います。③他にも、商品知識をしっかり身につけることができる環境が整っています。しかもそこで得た知識をお客様に直接伝えたりなどアウトプットまでできる環境が小売にはあります。

この3つは小売じゃないと得ることができないんじゃないかと思います。

 

Q:Mさんが思う小売の魅力とは??

情報量が桁違いで、卸、メーカーよりリアルな情報を捉えられるというのが小売の一番の魅力だと思います。今を楽しみたいというより、先を見据えて自分がこうしたい、こうなりたいというのがあれば、小売はそれを実行できる環境が整っているし、自分のアイディアで物事を変えていけるという実感ができると思います!

 

 

POINT!!

・実際に現場で働く人の顔を見て自分に合うと思う会社を見つけることができた!

・具体的な働くイメージを持つことで、自分が本当に得たい事がどこで得られるのか見えて来る!

◆Mさんの就活方法も少しだけ聞いてみました!

QMさんが就活中にやっていたことや、就活で使っていたものがあれば教えて下さい。

会社と自分の共通するところを書き出していました。自己分析をする時やエントリーシートを書く時は一人で考えるのではなく、先輩に一緒に考えてもらいました。自分のことを絞り出すのは自分だけでは限界があり、誰かに絞ってもらった方が良いものが出てくると感じました。人に見てもらったり突っ込んでもらうことで、自分では思いつかなかったことに気づくことができますし、エントリーシートは他人に評価されるものなので出す前に他人に見てもらった方が良いものが書けます。アウトプットは絶対必要です!

エントリーシートを書くときは毎回だれかに見てもらっていました。1つのエントリーシートも4回くらいは書き直ししました。もし頼る人がいなかったとしても学校のキャリアセンターとか使えるものはどんどん使った方が良いですよ。

 

POINT!!

・選考で他人から評価されるためには、前もって他人からのチェックを受けておく!

 

 

◆最後に18卒のみなさんに就職活動のアドバイスをもらいました!

 

Q:今年就活を頑張る後輩にアドバイスをお願いします!

自己嫌悪に陥るな!ポジティブに前向きにやれ!絶対に会えるから気にするな!

世界の色々なことに出会わないと見えないものはたくさんある。狭い世界でみていてもダメ。自分に合う会社に会えるまで出会い続けろ!

一喜一憂する暇があるなら次に進め!どんどん行動!

いろんな人に会っても、なんか違ったり、選考に落ちてしまう事もあると思うけど、それで自分を責めていてはダメ。それは、その会社と自分が合っていなかっただけで、合う会社が無いと思うのではなく、まだ会えていないだけ。もっと色んな人、会社に会えば良い!

 

業界のことを知りたいならまずはその業界の人に会えるところに行くべき。1dayのインターンは個人的にはお勧めで、同じ業界内でも比較できるくらいは数社のインターンに行った方がいいと思います。

 

 

◆最後にすごく熱いメッセージを頂きました!(笑)なんだか前向きになれますよね!このモチベーションでぜひみなさんにも前向きにどんどん就活を進めていって頂けたらなと思います!